タイマIC「555」

  • 2015.07.19 Sunday
  • 18:52


タイマIC「555」とは電子部品が好きな方ならムズムズしてしまうくらい人気のICで、1970年代から発売されているらしい。もう電子部品が好きな人なら「555」と聞いた瞬間に半田ごてを反射的に握ってしまうほどらしい。噂には聞いていたが思った以上に中毒性があるヤバいブツのようだ。

こいつがそのブツだ。



なるほど、スラっとしたくびれた脚の部分なんかはセクシーだし、むずむずする気持ちも分からなくはない。


でも、そんなに部品が好きだからと言って、あんまり声に出して言っているようでは、結構変な人であって、はっきり言って気持ちが悪いのではないだろうか?世の中にはたいそう変わったフェチズムの世界もあるようだが『部品フェチ』ともなると、フェチの中でもマニアック過ぎて、そんな専門誌だって出版されてはいないので、世の中に認められていないフェチ、すなわち近寄らない方が良い部類の典型的なヤバいやつではあるまいか?

しかしながら『部品フェチ』の皆さん、もう部品への愛情をカーテンを閉め切った半田の匂いの充満した小部屋でコソコソと妄想する必要がなくなった。いま私はあなたがたを開放し、『部品フェチ』をより世の中に認められた種類の『フェチ』として、例えば月刊『電子部品スナイパー』とか、季刊『部品ライフ』なんかが発売されてもおかしくない世の中が来ることを宣言する。

その証拠がこれである。



『ぬいぐるみ』などというものは大抵人気がでたキャラクターや、ヒットした映画の登場人物、動物園の人気動物などがぬいぐるみ化されるのが一般的で、不人気な総理大臣や日本の首相や美しい国の内閣総理大臣、さらにはお腹が痛くなって一度は辞任した人など、さほどの人気がないものに対しては作られないことになっている。あくまでも今イケテるやつだけがぬいぐるみに抜擢される事は間違いないのである。

上に写真で示したぬいぐるみは、まぎれもなく、正真正銘のタイマIC「555」のぬいぐるみであり、更に『ハンス』という名前までついている。しかも『うふふ』とニヤニヤ笑っている。「してやったり」といった表情には、どこか威風堂々とした、凛とした美しさが感じられる。

私が今日言いたいのはこれだけだ。後は皆さんがこの新しいフェチ世界を、個別の方法論に従って切り開いていっていただきたい。私が今ここで、あえて次の一手に対するヒントを記述する事は避けたい。インターネットに「答え」なんて何もないのだよ。各自が真剣に、この小さいながらも大きな第一歩を踏みしめ、これからも電子部品への愛情を大切にする気持ちを大空高く掲げていくことで、あなたがたの小さな声の一つ一つが、新しいムーブメントを拡げていくのです。タイマIC「555」のぬいぐるみを買おう。できれば2つ、3つは購入して親戚やガールフレンドにあげよう。10個くらい買ってお中元やお歳暮に送ってもよいだろう。100個買って総理官邸にドローンでばら撒くなどの行為もイカすバンド天国だろう。何?売れ切れ?それならば予約をしなさい。何としてでも勝取る。そんな気持ちはあなたにはないのですか?沢山注文すればするほど部品への愛が増し、世の中がちょっと素敵になっていくんだぜ。真っ赤な夕焼け。ゆうひが丘の総理大臣。タイマIC「555」でズビズバ。


http://www.gizmo-music.com/?mode=grp&gid=889172&sort=n

 









 
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM