モーテル・クロニクルズ

  • 2017.08.02 Wednesday
  • 01:02

 

 

 

 

サム・シェパードが亡くなった。私はサム・シェパードの熱心なフォロワーではないが、「パリ、テキサス」は何度だって観た。でも何と云っても「モーテル・クロニクルズ」は最も影響を受けた書物のひとつだし、そこに書かれていたアメリカは自分のアメリカのイメージそのものだった。中でも1/1/80 Napa,Ca,の59年性の赤いインパラの文章は、最も美しい「スローモーション文体」の一つで、一際影響を受けた散文だ。今でもこの文章は何かを書くときには必ず心の片隅にいる。
 
原文も良いのだが、やはり、ちくま文庫の日本語訳が染み付いているので完コピで。

五十九年型の赤いインパラが、ナパの豊かな牧草地の間を静かに進んでくる。車体は改造され、飾り立てられて、アルミニウムのスカートを付けている。道の上に、車はそれだけだ。今日は新しい十年間の第一日目だが、ぼくはこの車の出現に何のしるしも認めないことにした。とりわけ時代の幕開けのしるしなどは絶対に、だ。ぼくは銀色のトラックの中に、ぼくの母とぼくの息子とぼくの犬と一緒にすわっている。死んだようにじっとしている。ぼくは赤い車から目を話すことができない。それがすべるように進む様。それがきらびやかな都会の匂いをふりまきながら、この緑深い田舎の風景を切り裂いていく様。大気をゆっくりと切断していくそのクロームのアンテナ。彼方の塔から送られてくる電波を狩り集める邪悪な魔女の杖。

ぼくの母がぼくの息子に話をしている声が聞こえる。ぼくの祖父と父と、鶏の話である。そのあらましはこんな風だ。

ーーーー 中略 ーーーー

赤いインパラは大きなユーカリの木の生垣の間に消えた。牧草地は雨でしっとりと濡れている。体を動かす気になれない。このままトラックの中に住みたい。タイヤの間から雑草が伸びでくるままにまかせていたい。


80/1/1
ナパ。カリフォルニア

 

 

Other Music

  • 2016.07.15 Friday
  • 23:24

 

 

Other Musicは1990年代にニューヨークに住んでいた頃の私の心のよりどころでした。素晴らしい「オンガク」の数々を私はこのショップの店員さんに教えて もらいました。好みのオンガクを抽象的に伝えるだけで、私の心に響く音を的確に教えてくれる彼らのクリエイティブな情熱に、私は多大な影響を受けました。 E.ビレッッジの See HearとOther Musicは、今自分がやっている事にとにかく多大なる影響を及ぼしました。

 

 

彼らはオンガクを自分たちだけの感性で再構築したり、不思議なワードでカテゴライズしました。それは彼らだけの言語で伝えられていていたので、とても個性的でチャーミングでした。

 

 

世界でも数少ないというか、唯一のクリエイティブ・レコード・ストアであったと私は思います。SOHOのタワーレコードはいつだって素通りして、毎週Other Musicに通ったものです。

 

 

今の私が形成されている【音風景】の多くを、私はOrher Musicで知り、彼らから教えて貰ったお勧めのアーティストのコンサートや個展にでかけたり、Elliottのライブレコーディングのテープをダビング してもらったり、独自の世界観をもった世界中のオンガクの様々に触れ、私がやったHigh-Riseのエンジニアリングを絶賛してもらったり・・・ Velvet Undergroundボックスセットはお金がなかったからすごくディスカウントして貰ったなぁ・・何年も通ったので、もう最後は顔を出すだけで、今週入 荷した素敵なオンガクを聴かせてもらうことができました。とても「アティチュード」を感じた素晴らしい名店だったと思います。この記事を見るまで閉店とは 知らなかったです・・・今度ニューヨークに行ったら真っ先に行きたい場所の一つだったので、とても寂しい。

 

 

しかし、ニューヨーク・シティの家賃の高騰というのは、いろんな人からよく聞くのですが、本当に深刻なのですね・・。

 

 

 

Other Musicに僕は多大な影響を受けました。
オープン当初の、私の知るあなたたちは、最高にクレイジーでクールだった!

 


Thank you , Other Music.
Forever Other Music !!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

http://www.othermusic.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jack Kerouac Read " ON THE ROAD "

  • 2013.12.14 Saturday
  • 01:03
路上を読むジャック・ケルアック(The Steve Allen Showより)







コンプリート版







7年間放浪した後、路上をたったの「3週間」でロールペーパーにタイプしたケルアック。この朗読は何度見てもかっこいいですね。





“So in America when the sun goes down and I sit on the old broken-down river pier watching the long, long skies over New Jersey and sense all that raw land that rolls in one unbelievable huge bulge over to the West Coast, and all that road going, and all the people dreaming in the immensity of it, and in Iowa I know by now the children must be crying in the land where they let the children cry, and tonight the stars'll be out, and don't you know that God is Pooh Bear? the evening star must be drooping and shedding her sparkler dims on the prairie, which is just before the coming of complete night that blesses the earth, darkens all the rivers, cups the peaks and folds the final shore in, and nobody, nobody knows what's going to happen to anybody besides the forlorn rags of growing old, I think of Dean Moriarty, I even think of Old Dean Moriarty the father we never found, I think of Dean Moriarty.”







もしこの朗読が気に入ったら、同じくSteve AllenがJazzyなピアノを弾いて、Kerouacが詩を朗読する「Poetry for the Beat Generation」というアルバムもお勧めですよ。







http://www.amazon.co.jp/Poetry-Beat-Generation-Jack-Kerouac/dp/B000YGMILE/ref=pd_sim_sbs_m_2










calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM