4月14日〜4月24日までワタナベ楽器店 京都デジタル&ドラム館さんで『面白シンセ大集合!Ver4 桜咲かせるピコピコ音 』開催!

  • 2017.03.21 Tuesday
  • 15:16

 

関西方面のシンセサイザー&ガジェット系楽器のファンの皆様に朗報です!

 

昨年も開催され大好評だったワタナベ楽器店 京都デジタル&ドラム館さんのシンセフェアーが今年も開催です!開催期間は2017年4月14日〜4月24日です!

 

弊社アンブレラカンパニーがハンドリングしている製品はもちろん、多くのシンセサイザー関連機材が一堂に集結し、思いっきりお試しいただけるイベントです!タイトルは『面白シンセ大集合!Ver4 桜咲かせるピコピコ音 』、期間中は普段あまり試す機会のないマニアックなシンセサイザーやデスクトップエフェクターなどを、じっくり試奏してご購入いただけるとのこと。これは見逃せません!

 

 

イベント詳細はこちらです!

http://umbrella-company.jp/contents/watanabe-digikan-synth-fair-2017/

 

 

 

 

 

 

 

 

かかかかっこいいぜ。ぶんぶんするね。

  • 2017.03.15 Wednesday
  • 01:48

 

かかかかっこいいぜ。ぶんぶんするね。

 

 

デンマークのポストパンク系ペダルメーカー “Reuss Musical Instruments”のインタビュー記事が、Effector Book vol.35に掲載!

  • 2017.03.11 Saturday
  • 17:02

 

デンマークから現れたポストパンク系のペダルメーカー”Reuss Musical Instruments“(ロイス・ミュージカル・インストゥルメンツ)は、ニック・ケイブ周辺のギタリスト(ミック・ハーヴェイ、ローランド.S.ハワード、ウォーレン・エリス)達との個性的なコラボモデルや、スペースマン3、ヴェルベット・アンダーグラウンド、クランプスからソニック・ユースなどの個性派ミュージシャン達が愛用したビンテージ機材を精巧にレプリカするなど、一般的なペダルメーカーとは一味違う『インディー』な雰囲気を持ったブティック・ペダル・メーカー。

 

 

 

その一台ごとのクオリティは凄まじくこだわりを感じさせるもので、オリジナル作品のサウンドメイクはもちろん、回路を完全に複製して、拘りのNOSパーツを選び抜き製作されるレプリカ能力への評価も高い。 『音楽的な耳のセンス』はMUTEや4ADなどのインディー系レコード・レーベルとの関係からもわかるように、とてもセンスが良く、インディー・ロック系の耽美的な空間表現や、轟音を鳴らした際の『ギターサウンドの美しさ』をしっかりと理解していることが感じられる。とにかくかっこいいペダルメーカー!

 

インタビュー記事が2017年春号の「The Effector Book vol.35」の83ページから特集されていますので、ぜひ書店や楽器店でお買い求めになり、チェックしてみてください!

 

 

リンク

http://umbrella-company.jp/contents/euss-musical-instruments-eb-interview/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM